プロになります!

 毎度「 プロになります! 」サンファーマーです。                                                                
  
 はじめての方に向けてプレゼンテーションの説明をしたいと思います。

私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが中心です。1段階のビジネス立志会員は、インターネットを通して通信学習の形式で受講しました。全7講座の中に全26の課題があり、その課題に対する自分の考えを書き込むという形です。
 ある日、書き込みを進めていく中で塾長から電話がありました、
 
 「 書き込みって、なんで書いてるか分かる? 」 
 
 「 自分の意識、目的を鮮明にするためですか? 」
 
 「 もちろん、それもあるけど、書き込みを最後まで進めるとすごいものが手にはいるんだよ。」
 
 「 それって、何なんですか?」

 「 プレゼンの資料! 」


 「 ……えっ!ガ〜ン…なるほど!! 」

  つまりは、全26の書き込みをつなぎ合わせてまとめれば自然とプレゼンテーションの資料が 出来上がるという仕組みなんです。

   塾長、恐れ入りました!!です。

 と言うわけで、私の書いた26の書き込みを『 たいよう農家 サンファーマー 』のプレゼンテーションの意味を込めて公開します。


 今回は、第三講座 課題4です。
                                         c0354549_04550888.jpeg

農業経営者育成塾 第三講座 ( ちょっとだけ内容公開 ) 


「 栽培する作物を決定する時に何を基準にして判断しているだろうか。農業経営をしたいと
思うなら、もっとも重要な商品となる物である。ところが、この感覚が非常に薄い。作物を
作っているという感覚はないに近い。… 」 (この後すっごい話が続くのです!)



  第三講座 課題4


 高いレベルの商品をつくるためにプロとしての志はできているか。


 

 私はやりたくない事がある。人にへこへこする事だ。だから、お客様にへこへこするような経営はしたくない。お客様は神様ですってよくいうが神様を増やしていったらお賽銭がいくらあっても足りない。

 

 私が増やしたいのはファンである。プロと名の付く職業は、プロ野球選手、プロの歌手、プロの漫画家などがあるが共通していえるのは、たくさんのファンに支えられているという事だ。私もたくさんのファンに支えられた農業経営をやっていきたい。農業生産者にありがちな天候の所為にしたり、病害虫の所為にしたりするような栽培はしない、農業経営はしない。いい訳をしているようでは、いつまでたってもアマチュアである。


 この大多数のアマチュアの農業界でプロになれたらどういう事が起こるのか想像しただけでもワクワクする。消費者が付加価値のある農産物を求めている事に気づかずにアマチュアのまま慣行農法にあまんじている農業界で玄米アミノ酸微生物農法という武器を手にして戦えば大勝利するのは当然とも言える。


 しかし、1年前までは、有機農法とはいえ私もアマチュア意識だった。でもこの1年でプロ意識に変わり始めている。ミッションにも書いた《 本物 》つまりプロになりたいのだ。しかも、プロはプロでもトッププロになりたい。

 

 私は高校時代、全国大会に出場するくらい野球に打ち込んだ。その頃の情熱が今よみがえっている感じがする。今の自分を野球界に例えるなら、草野球のエースがひょんな事から出会った名コーチの指導のもと今までの野球界にない画期的な魔球を武器にプロ野球で活躍しヤンキースタジアムのマウンドに立とうとしているような話だ。こんな話があったら痛快だ。この痛快さは、ファンを引きつける。そして数年後、私は農業界のヤンキースタジアムのマウンドに立っていたい。


c0354549_04542811.jpeg

 プロフェッショナル!いい響きですね〜!なりたいですね〜!いいや、なる!

          

     なります!

 

 私は「 玄米アミノ酸微生物農法 」のプロになります。もちろん、そのための「 行動 」

として、「 農業経営者育成塾 」全国から選ばれた私を含めて5名のビジネス会員のひとりとして学んでいます。


 私は、プロになりたいんです。でも、今は残念ながらアマチュアです。

では、プロとアマチュアの違いは、何でしょう!


1 アマチュアは、完璧にできないと分かっていて、諦める。 プロは、完璧にできないと分かっていても、完璧を目指す。


2 アマチュアは、「すごいだろ」と自慢して手を抜く。   プロは「まだまだです」と油断しない。


3 アマチュアは、話ばかりして行動しない。        プロは、黙って行動する。


4 アマチュアは、できない言い訳をする。         プロは、できる方法を考える。


5 アマチュアは、木を見て森を見ない。          プロは、森を見て木を見る。


6 アマチュアは、多種多様に幅を広げる。         プロは、専門のみに絞る。


7 アマチュアは、感情を軸にして計画を立てる。      プロは、効率を軸にして計画をたてる。


8 アマチュアは、仕事をする。              プロは、仕事をしない。


9 アマチュアは、現在を起点に考える。          プロは、未来を起点に考える。

10 アマチュアは、欲に振り回された食事をする。      プロは、健康につながる食事をする。


11 アマチュアは、すぐに答えを見る。           プロは、まず自分で考える。     


12 アマチュアは、応用に飛びつく。            プロは、基本に忠実            


13 アマチュアは、上達すれば基本を卒業する。       プロは、どんなに上達しても基本を卒業しない。     


14 アマチュアは、批判の声に耳をふさぐ。         プロは、批判の声に耳を傾ける。


15 アマチュアは、短期的に考える。            プロは、一生を捧げる。      


16 アマチュアは、関係のあることだけをする。       プロは、関係のないこともする。


17 アマチュアは、リズムを無視した不規則な生活を送る。  プロは、リズムに従った規則正しい生活を送る。


18 アマチュアは、保守的。                プロは、挑戦的。


19 アマチュアは、稼いだお金を貯蓄に回す。        プロは、稼いだお金を自己投資に回す。


20 アマチュアは、後ろを振り返る。            プロは、後ろを振り返らない。    


21 アマチュアは、座って本を読む。            プロは、仕事をしながら本を読む。


22 アマチュアは、締め切りを守らない。          プロは、絶対に締め切りを守る。


23 アマチュアは、家族や友人を削って時間を作る。     プロは、家族や友人との時間だけは削らない。


24 アマチュアは、義務で仕事をする。           プロは、喜びのために仕事をする。


25 アマチュアは、悪条件のとき、批判をする。       プロは、悪条件のときほど、ニヤニヤする。


26 アマチュアは、最新を購入し、すぐ買い換える。     
プロは、一流品を購入し、長く愛用する。

27 アマチュアは、強さという思い上がりがある。      プロは、弱さの自覚がある。            

28 アマチュアは、自分以外の人になろうとする。      プロは、自分のすべてを生かしきろうとする。

29 アマチュアは、戦ってから勝つ。            プロは、戦わずして勝つ。      


30 アマチュアは、ライバルを敵にする。          プロは、ライバルを仲間にする。


 ふ〜!書き写すのたいへんだった!でも、おかげで潜在意識ズコ〜ンとはいりました。

でも、見比べると、プロかっこいいね!これやれば誰だって成功するよね。つまりは、成功したければプロになればいいんです。単純だけど真実かな。


 じゃあ、どうしたらプロになれるか。もちろん、知識、経験、技術を磨かなければいけません。でも、知識、経験、技術を持っているけどアマチュアもいます。最終的に大事なのは、アイデンティティじゃないでしょうか。自分はこうであるという信念だと思います。


            私はプロである!


この言葉を言えるか否かが、プロとアマチュアとの違いではないでしょうか。だから、声を大にして言います!


たいよう農家 サンファーマープロである!  やべっ!言っちゃった!


うぉぉぉ〜!言っちまったからにゃ〜仕方がない。プロになってやろうじゃないかい!って強がっては、みたものの誰かいっしょにプロになりませんか?


   私はプロであるっていえる方からのコメントお待ちしていま〜す!

 

 それでは「 プロになります! 」サンファーマーでした。 


[PR]
by sunfarmer | 2015-04-26 05:29 | Comments(0)


<< ヒーロー願望! ノントラブルな! >>