ご縁が広がる!

毎度「 ご縁が広がる! 」サンファーマーです。c0354549_21184542.jpeg
 
 はじめての方に向けてプレゼンテーションの説明をしたいと思います。

私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス
会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長
できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
心です。1段階のビジネス立志会員は、インターネットを通して通信学習の形式で受講しました。全7講座の中に全26の課題があり、その課題に対する自分の考えを書き込むという形です。
 ある日、書き込みを進めていく中で塾長から電話がありました、
 
 「 書き込みって、なんで書いてるか分かる? 」 
 
 「 自分の意識、目的を鮮明にするためですか? 」
 
 「 もちろん、それもあるけど、書き込みを最後まで進めるとすごいものが手にはいるんだよ。」
 
 「 それって、何なんですか?」

 「 プレゼンの資料! 」


 「 ……えっ!ガ〜ン…なるほど!! 」

  つまりは、全26の書き込みをつなぎ合わせてまとめれば自然とプレゼンテーションの資料が 出来上がるという仕組みなんです。

   塾長、恐れ入りました!!です。

 と言うわけで、私の書いた26の書き込みを『 たいよう農家 サンファーマー 』のプレゼンテーションの意味を込めて公開します。 
 

  今回は、第四講座 課題5です。


農業経営者育成塾 第四講座 ( ちょっとだけ内容公開 )

 どんな方法で栽培するのか、コスト計算は可能か。

「 農業の開店資金は500万円前後と言われている資金の多くは農機具代と資材代である「道具と資材がなくては農業ができるわけがない…」。これは順序が間違っている… 」 (この後すっごい話が続くのです!)  



  第四講座 課題5


 農法を開発した人物は信用できるのかできないのか、どのように判断するか。



 私は、玄米アミノ酸微生物農法の提唱者である《 神保信一氏 》を信用している。なぜなら、氏程の希代の経営者であれば、この利権を独占するのは、たやすい事だと想像できるが、農業経営者育成塾の取り組みでも分かるように、多くの《 志のある人 》とシェアしたいという思いがある。

 しかも、本当に理解した人とだけやっていくという強い信念が感じられる。単純にお金儲けという観点の人物なら、この一連のプロセスには至らないと思う。

 私は、物作りから販売まで指導できる人物を師と仰げた事のありがたさに喜びを感じている。

 しかし、学習を進める中で思うのは農法を開発した人物を信用できるのかよりも、もっと大事なのは、農法を開発した人物を信用した自分自身を信用できるかという事だ。どんなに素晴らしい農法でも、どんなに素晴らしい人物でも自分自身が信用できないのなら成功はありえない。なぜなら、成功するもしないも自分次第だからである。

 どんなに高性能の機械を持っていても使いこなせなかったらうまくいかないのといっしょだ。誰がやるのか、誰が成功したいのかを強く考える必要がある。自分がやるのである。その人がいなかったら、その農法がなかったら何もできないでは、真の成功はありえない。そして、自分自身を信用できるだけの人物に成長する事ができれば成功した後も道を踏み外す事もないと思う。

 信用できる人も見つかった。信用できる農法も見つかった。後は、信用できる自分を作りあげていくだけである。 


 私は、塾長である神保伸一氏を信用しています。信用できる人を見つけました。でも、なかなか自分って信用できないですよね。それだけ、人間って弱い生き物なのかもしれませんけど。以前は、私もそうだったんんです。でも、塾長に師事し学んでいく中で自分を信用できるようになってきたんです。
やっぱり、学ぶって大事ですよ。教育ってすごいですよ。教育って読んで字のごとく教え育てることじゃないですか。私が自分を信用できるようになったのは、塾長に教えていただき自分自身が育ったんだと思います。そして、育ったおかげで世界が広がりました。いろんな「 いいご縁 」も広がってきています!

そんな「 ご縁が広がる! 」コメントお待ちしていま〜す。

 私には、塾長にたいする「 感謝 」があります。そしてその「 感謝 」がすべての者への「 感謝 」へと変わりつつあります。この「 感謝の気持ち 」がご縁を広げてくれてるんだと思っています。 ありがたいな〜!

それでは「 ご縁が広がる! 」サンファーマーでした。

[PR]
by sunfarmer | 2015-05-01 05:27 | Comments(0)


<< ステキな人生! アルトよりベントレー! >>