トリックにはだまされない!

毎度「 トリックにはだまされない! 」サンファーマーです。
c0354549_06391871.jpeg
 
   はじめての方に向けてプレゼンテーションの説明をしたいと思います。

  私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス
 会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長
 できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
 中心です。1段階のビジネス立志会員は、インターネットを通して通信学習の形式で受講しました。全 7講座の中に全26の課題があり、その課題に対する自分の考えを書き込むという形です。
 ある日、書き込みを進めていく中で塾長から電話がありました、
 
 「 書き込みって、なんで書いてるか分かる? 」 
 
 「 自分の意識、目的を鮮明にするためですか? 」
 
 「 もちろん、それもあるけど、書き込みを最後まで進めるとすごいものが手にはいるんだよ。」
 
 「 それって、何なんですか?」

 「 プレゼンの資料! 」


 「 ……えっ!ガ〜ン…なるほど!! 」

  つまりは、全26の書き込みをつなぎ合わせてまとめれば自然とプレゼンテーションの資料が 出来上がるという仕組みなんです。

   塾長、恐れ入りました!!です。

 と言うわけで、私の書いた26の書き込みを『 たいよう農家 サンファーマー 』のプレゼンテーションの意味を込めて公開します。 
 

  今回は、第六講座 課題1です。


農業経営者育成塾 第六講座 ( ちょっとだけ内容公開 )

 商品価値と利益は誰がどうやって決定するのか決定するのか

「経営の基本は商品がいかに高く売れるかである。農業の場合は、その商品がいくらで売れるのかわからない。価格の決定権というものがない… 」 (この後すっごい話が続くのです!)

 

  第六講座 課題1


 利益の出ない仕組みが理解できているか。


 利益が出ない仕組みについて考えてみた。そもそも仕組みという言葉にもいろいろな意味がある。利益の出ない仕組みの場合その意味は【トリック】となり、利益の出る仕組みの場合は【システム】になるのではないだろうか。


 つまり今の農業界は、この【トリック】にどっぷりはまっている状態にあると言える。骨抜きにされている。思考停止状態でマインドコントロールされた従者のようである。現状打開を考えず他人事のような感覚で組織である農協を頼り向上への責任を他に転嫁しているのである。


 特に補助金制度などというものは、価格決定権はないけれど農協や農水省が作ったルールに乗っ取って生産すれば保護するというルールである。ここでいう保護とは『 守る 』という本来の意味ではなく『 支配 』という別の意味がある。


 今、農業界に求められるのは、尾崎豊じゃないけれど「 ♪こ~の 支配からの~卒業~♪」である。すなわち、利益の出ない仕組み【トリック】を理解する上で利益が出る仕組み【システム】を作り上げていく事が必要といえる。


 すでに私は、この【システム】の中にいると思っている。玄米アミノ酸微生物農法こそが農業経営者育成塾こそが農業経営者育成塾こそがこの【システム】であると確信しているからである。

 

 第六講座を学習する中で「価格決定権」がない事が利益の出ない理由だという事は理解できたが、そもそも生産者に価格を決定したいという強い意志がないからではないだろうか。仕組みがおかしいからとか、そうなっているから仕方がないとかいいながらも、長いものには巻かれろ的な依存体質が今の農業界を形成しているのではないだろうか。


 楽して儲かる農業は、頭を使わなければ成り立たない。頭を使わないから、頭を楽にしてるから儲からない農業になってしまうのである。


 第四講座の中に「 最後は人間性 」とあるが、まさしくその通りだと思う。もっと言うなら「 すべては人間性 」ではないだろうか。


 最高レベルの農法と経営法を選択した私にとってその最高レベルに見合うだけの人間性を構築する事が最も重要な成功へのポイントだと思っている。そのためにも、「 人間とは 」という事を常に重点におき、この一連の取り組みの学習を進めていきたい。



 私は、トリックという仕組みにはだまされません。その栽培法は選択しません。

 「 玄米アミノ酸微生物農法 」を選択します。
 
なぜなら、「 玄米アミノ酸微生物農法 」「 農業経営者育成塾 」には完璧な成功システムが確立されているからです。

    
  俺ってラッキー!イェ〜イ!

 
 そろそろトリックという仕組みからシステムという仕組みにチェンジしませんか。 支配から卒業しませんか。

そのラッキーを手にしたい方からのコメントお待ちしていま〜す。


それでは「 トリックにはだまされない! 」サンファーマーでした。


[PR]
by sunfarmer | 2015-05-05 06:50 | Comments(0)


<< パートナー募集中! ヘコヘコしない! >>