3人目の農夫!

c0354549_22003854.jpeg毎度「 3人目の農夫! 」サンファーマーです。

 はじめての方に向けてプレゼンテーションの説明をしたいと思います。 
私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス
会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長
できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
心です。1段階のビジネス立志会員は、インターネットを通して通信学習の形式で受講しました。全 7講座の中に全26の課題があり、その課題に対する自分の考えを書き込むという形です。
ある日、書き込みを進めていく中で塾長から電話がありました、
 
 「 書き込みって、なんで書いてるか分かる? 」 
 
 「 自分の意識、目的を鮮明にするためですか? 」
 
 「 もちろん、それもあるけど、書き込みを最後まで進めるとすごいものが手にはいるんだよ。」
 
 「 それって、何なんですか?」

 「 プレゼンの資料! 」


 「 ……えっ!ガ〜ン…なるほど!! 」

  つまりは、全26の書き込みをつなぎ合わせてまとめれば自然とプレゼンテーションの資料が 出来上がるという仕組みなんです。

   塾長、恐れ入りました!!です。

 と言うわけで、私の書いた26の書き込みを『 たいよう農家 サンファーマー 』のプレゼンテーションの意味を込めて公開します。 
 

  今回は、第七講座 課題1です。


農業経営者育成塾 第七講座 ( ちょっとだけ内容公開 )

 自分が目標とする農業経営とは何なのかを具現化する

「自分が目標とする農業経営がはっきり見えていれば成功する確立は高い。簡単なようだけれども、はっきり見ている方はほとんどいないと言ってもいい… 」 (この後すっごい話が続くのです!)


  第七講座 課題1


 自分が目標としている農業経営とはどんな経営か。


 第一講座から第六講座までを読み返してみた。各講座の自分の回答も読み返してみた。はっきり言って「誰が書いたの?」と思ってしまう。自分で言うのもおかしいが良く考えて書いているなぁと思う。


 第二講座の中にある『文字も読めないアフリカ人がアメリカに行ってハーバード大学に入学した例なんて』と言うのが分かる気がしてきた。頭で差が出るのは使い方だという事が分かってきた。「楽しい時」、「面白い」、「ワクワクする時」に自分のパワーが最大になるという事が分かってきた。


 講座が始まった時には、しっかりとした回答ができるものなのかと思っていた。でも楽しかった、面白かった、心の底からこれをやりたいと思った、没頭できた。つまり脳が働き出したのである。そして、「学習」が楽しくなった。始めてやらされているのではなく、やっている自分に気付いたのである。


 たった4ヶ月あまりで私が変わる事ができたこの講座に驚嘆している。「どんな作物にしたいのか」という事も決まった。「どんな方法で栽培するのか」も決まった。「誰に販売するのか」も決まった。私の目標とする農業経営は決まった。


 【玄米アミノ酸微生物農法で圧倒的差別化のある作物を栽培し( 超一流のブランド )すなわち「価値」を欲する人に販売する】これが私の目標とする農業経営である。言いかえれば、玄米アミノ酸微生物農法、農業経営者育成塾こそが私の目標とする農業経営なのである要するに、どの意識レベルで取り組むかによって結果は違ってくる。分かりやすい事例で「3人の大工」という話がある。

 

 1人目の大工さんに「何をしているのですか?」と尋ねると「レンガを積んでるのです」と答えました。

 2人目の大工さんに尋ねると「家を造ってるんです」と答えました。

 3人目の大工さんに尋ねると「この家に住む家族の幸せの空間を作ってるのです」と答えました。そして、10年後1人目の大工さんはそのまま大工になり、2人目の大工さんは棟梁になり、3人目の大工さんは建築会社の社長になりました。という話だが、これをそのまま「3人の農夫」に例えてみた。

 1人目の農夫に「何をしているのですか?」と尋ねると「苗を植えているのです」と答えました。

 2人目の農夫に尋ねると「野菜を作っているんです」と答えました。

 3人目の農夫に尋ねると「この野菜を食べる家族の健康と幸せを作っているんです」と答えました。


 1人目の農夫は、ただ作業をこなしているだけだ。2人目の農夫は、仕事の目的を持って仕事をしている。3人目の農夫は、ミッション、使命を持って仕事をしている。1人目の農夫が起こす結果は、作業レベルを超えない。2人目の農夫が起こす結果は、野菜をつくるというレベルを超えない。3人目の農夫が起こす結果は、この野菜を食べる家族の健康と幸せを作るための結果を起こすだろう。


 私は迷わず3人目の農夫を目指す。なぜなら3人目の農夫は必ず農業経営者になれるからである。



「 この野菜を食べる家族の健康と幸せを作っているんです。 」なんて言えたらサワヤカですよね。って言うか作ります。いや作れます!
「 玄米アミノ酸微生物農法 」なら作れるんです。 
 私たちの超ラッキーなのは、その農法が存在しなおかつ確立されているということです。

 健康って事で考えると化学肥料、農薬まみれの野菜とは違い天然のアミノ酸資材で微生物の力を利用した野菜です。健康的ですよね〜!

 アミノ酸の力で光合成アップだから美味しいんです。幸せですよね〜!

 この「 価値 」を分かっていただける方に買っていただきたいんです。

 このブログを見ていただいてる方はその「 価値 」を分かっていらっしゃる方ですよね。

 百聞は一見にしかずいいかえれば百見は一味にしかずですよね〜!

 遊離アミノ酸で光合成バンバンの野菜は美味いんですから。
  

そんな「 玄米アミノ酸微生物農法 」で栽培した野菜をあじわってみたい方からのコメントお待ちしておりま〜す。


それでは「 3人目の農夫! 」サンファーマーでした。




[PR]
by sunfarmer | 2015-05-09 05:24 | Comments(0)


<< 龍馬大好き! 農業維新だ! >>