ビジネスモデルは設計図!

毎度「 ビジネスモデルは設計図! 」のサンファーマーです。
  
  はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。c0354549_21343376.jpeg
 私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス
会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長
できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。

 これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


   ビジネス会員 第一講座 ( ちょっとだけ内容公開 )


  玄米アミノ酸微生物農法のビジネスモデル

「 日本人はビジネスモデルといわれてもピンとこない。事業ではなく「あきない」をビジネスと考えてきた習慣からである。その結果、足で稼ぐという精神論が出てきた。・・・ 」( この後ためになる話が続くのです! )


  自分が成功できる、確信できるビジネスモデルを作り上げる。( 講座を通しての通年テーマ )

 「 ビジネスが成功するか否かはビジネスモデルが大事である。自分で作ったそのビジネスモデルの中にすべてのアイディアを含ませる。そしてそのビジネスモデルに沿った経営をする。その大事なビジネスモデルを12回の講座を通して一年かけて構築していきます。ビジネスモデルは技術+経営力+大きな願望で成立していることを知ってほしいと思う。 」塾長の言葉です。


 ビジネスモデルってプラモデル作りでいうと設計図になるんじゃないかなって思っています。さぁ、プラモデルを作るぞっていう時に設計図があるとないとじゃ大違いでしょ。設計図があればその順番に作っていけばできるじゃないですか。もし、欠けているパーツがあればすぐに分かるし、あとは技術的な話!誰だってで作り上げることはできます。でも設計図がなかったらどの順番で作るのかも分からないし、欠けてるパーツが何かも分からないでしょ。スムーズにいかないですよね。家作りだって設計図がなかったら大変ですよね。

 農業に関してもどう作るのか、どう売るのか、どう経営するのかが分かっていたらスムーズでしょ。そのビジネスが何を目指していて、どのようにそれを達成するのかということが読んで分かるんですよ。めっちゃ!やりやすいでしょ!
 
 私は「 玄米アミノ酸微生物農法 農業経営者育成塾 」において農業経営を学んでいます。やみくもに勢いだけでスタートしません。しっかりと学んだうえでビジネスモデルという設計図を作ってからスタートします。だってやるからには確実に成功したいじゃないですか。だからこ農業ビジネスの設計図を作ってから始めるんです。

 塾長には短期間で確実に成功する方法を教えていただいているんです。私にとっての塾長はメンターでありブレーンです。バブルガムブラザーズじぁないけれど ♪足りない〜あたま〜なら〜知恵を盗みゃ〜い〜い♪ です。盗むって言い方は失礼ですが言わばモデリングです。真似るんです。 私は農業経営者育成塾版 スピードラーニングとして講座内容や会話を録音し聞いています。それが習慣です。そうすると真似るというより移るんです。最高クラスのブレインが考え方が頭に染み込んでくるんです。エッヘン最高の学習法つかんじゃいました。

 でも、誰だって変われますよ。誰だって成長できますよ。 だって、私が変わり成長できたんですから!

 自分を変えて成長したい方からのコメントお待ちしていま〜す。

  それでは「 ビジネスモデルは設計図! 」のサンファーマーでした。

[PR]
by sunfarmer | 2015-05-15 05:22 | Comments(0)


<< 人は変われる! 今を楽しむ! >>