農業事業の可能性!

毎度「 農業事業の可能性! 」のサンファーマーです。c0354549_03482698.jpeg
  
 はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。
私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス
会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長
できる仕組みです。
 
 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。

 これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


   ビジネス会員 第一講座 ( ちょっとだけ内容公開 )


  玄米アミノ酸微生物農法のビジネスモデル

 「 日本人はビジネスモデルといわれてもピンとこない。事業ではなく「あきない」をビジネスと考えてきた習慣からである。その結果、足で稼ぐという精神論が出てきた。・・・ 」( この後ためになる話が続くのです! )

 自分が成功できる、確信できるビジネスモデルを作り上げる。( 講座を通しての通年テーマ )

 「 ビジネスが成功するか否かはビジネスモデルが大事である。自分で作ったそのビジネスモデルの中にすべてのアイディアを含ませる。そしてそのビジネスモデルに沿った経営をする。その大事なビジネスモデルを12回の講座を通して一年かけて構築していきます。ビジネスモデルは技術+経営力+大きな願望で成立していることを知ってほしいと思う。 」塾長の言葉です。 


 

 「 農業事業の可能性を探るには街の中に出て見なさい 」塾長はおっしゃいました。街の中には農業事業の可能性のヒントがあふれているという事です。考えて見れば食品の原材料はほとんどが農産物です。口に入る物すべての川上です。料理、お菓子、お酒、健康食品、外食産業なんでもそうです。農業事業の可能性を探るんです。探るというととはつまり調べるんです。街中にあふれるヒット食品を調べるんです。仕入れはどうしているのか、産地はどこか、内容表示ラベルをよく見るとか経営者目線でチェックしなぜ売れているのか考え、「 玄米アミノ酸微生物の農法 」でやればもっとすごいことになるというイメージを広げるんです。最近の私は農業事業の可能性探偵ごっこが日課になっています。(笑)

 原材料である農産物のグレードをあげれば食品のグレードもあがります。ここに農業のすばらしさ可能性があるんです。世の中にはそんな価値のある農産物を求めるニーズはあるはずです。私たちが目指すところはここなんです。慣行農法全盛の今だからこそ挑むんです。必ず大ヒットします。

 私がよく言う「 仲間づくり 」は共に生産していただける生産者の方だけではなく、その価値ある農産物を使っていただける業種のみなさんも含んでいます。時代が求めています。健康志向は広がっています。できれば農薬なんか使われていない農産物を使いたいというニーズはあるんです。

「 農業界は最後のフロンティアなんだよ。開拓出来たらすごいことになるよ。 」塾長はおっしゃいました。確かにそうだと思います。IT業界、流通業界、金融業界、建設業界など様々な業界の中で農業界だけは未開拓であると感じます。なぜなら独占既得権益の仕組みじたいがが農業人を骨抜きににしているからです。だからこそ、私は農業界に可能性を感じます、キラキラしています、フロンティアって言葉に燃えるんです。未開の地を開拓していくなんて男冥利に尽きるじゃないですか。

 このタイミングに「 玄米アミノ酸微生物農法 」にめぐり会えた事に人生の意義を感じています。

  おもしろくなりますよ〜! 私達の人生! ひゃっほ〜!

人生おもしろくしたい方からのコメントお待ちしていま〜す。

 サンファーマーは農業事業の可能性にワクワクしながら挑んでいきます!

 それでは「 農業事業の可能性! 」サンファーマーでした。

[PR]
by sunfarmer | 2015-05-17 05:27 | Comments(0)


<< 創業へっちゃら! 人は変われる! >>