お金を好きになろうと思う!

毎度「 お金を好きになろうと思う!」サンファーマーです。 


c0354549_20463293.jpeg はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。
私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。

 現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが
中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。

 これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


   ビジネス会員 第二講座 ( ちょっとだけ内容公開 ) 

経営の基本と経営資金  社会的な信用を得る方法( 金融機関対策 )

「 事業経営にとってお金は血液である。血液が汚れたり、少なくなったりすると死ぬ。事業のすべての結果はお金に出てくる。そのためにケチればいいと考える人もいれば多ければ儲けと考えて相手を蹴落としたりワナにはめたりする人も出てくる。・・・ 」( この後ためになる話が続くのです! )

 「 生きていくためにはお金はとても重要です。得たお金をどのように有効活用できるのかが大きなポイントです。お金を稼ぐことは自立を意味します。稼ぐことができるようになるまでのプロセスがとても重要です。そのお金を稼ぐために何を学習したのか、それが経営の基本になります。学習した方法が間違っていなければ資金の調達は難しくなくなります。 」塾長の言葉です。



 「 事業費とは使っていいお金と使ってはいけないお金をハッキリさせなければいけません。このことが分かっている小企業の経営者は、ほとんどいません。そういうことを出来ない、夫婦でやってる経営者が大多数です。たとえば八百屋さんの夫婦で「 おとうちゃんちょっと買い物いってくるね。」ってレジのお金を持ち出して買い物に行くわけです。これをやったら事業じゃありません。それは事業の売り上げであって使ってはいけないお金です。個人のお金ではなく会社のお金です。それを個人のお金にするには当然給料という形でもらわなければいけません。レジから持ち出したお金をいくら使ったのか分からず残りは財布に入れたままでは、売り上げや利益が分かりません。だからうまくいきません。使っていいお金と使っていけないお金を明確にしなければなりません。 」と塾長はおっしゃいました。実は私も商売人の息子で両親もそんな感じでした。でも私はもっとルーズでした。でも一連の学習でその間違いがよ〜く分かりました。やっぱり「 ちゃんとする 」することが大事なんですね。シンプルだけど納得です。学習がなかったら平気でレジのお金持ち出してましたね(笑)

 だから、事業費として管理するお金はお札ではなく「 数字 」としての管理が必要なんですね。数字管理の目的は現状の把握と課題の洗い出しです。成果を出すためにはその課題に対する具体的なアクションが必要です。数字管理によって方向性を明確にし行動すれば成果として表れます。

 でも、私、本来「 数字 」には弱いです。しかし、「 数字 」に弱かったら経営者になれないとするなら、強くはなれなくても「 好き 」になろうと思います。数字をもっというならお金を好きになろうと思います。お金を好きになるのは誰だってカンタンですからね。
 
 お金を好きになろうと思う方からのコメントお待ちしていま〜す。

それでは「 お金を好きになろうと思う! 」サンファーマーでした。

[PR]
by sunfarmer | 2015-05-26 04:17 | Comments(0)


<< お金に強くなる! お金の科学! >>