実学を学ぶ!

毎度「 実学を学ぶ 」サンファーマーです。c0354549_15222911.jpeg

 はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員 2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。
 これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


   ビジネス会員 第三講座 ( ちょっとだけ内容公開 ) 

玄米アミノ酸微生物農法を事業にする方法

「 3回目の講座はセミナーの山場といっていいものである。20人のグループを作り、利益1億円を目標とする。これはビジネス会員の経営目標として塾長が目安としているものである。 ・・・ 」( この後ためになる話が続くのです! )

 「 イメージを具現化するためにも3回目の講座はもっとも大切なものと言えます。ビジネスプランを作る時に一番重要なのは結果からの逆算です。自分は農業を通してどういう事業をしたいのか具体化しなければいけません。栽培面積、栽培作物、販売先等をまずは明確にします。そのうえで売り上げ、利益等を明確にします。そして自分のビジネスプランを作り上げましょう。  」塾長の言葉です。

    


    5 経営者として必要なのは何なんだ

   

    トラブル処理能力。的確な指示能力。方向性を貫く信念。

    バランス感覚。想像力。経営数字力。人心掌握力。実学。

    グループのみなさん、社員の方々を教育する力。

    相手に応じてのエモーションを使った教育能力。

  


  感情キャッチコピー


  実学えますそれをんで

    すぐにあなたも経営者

 


 私がこの感情キャッチコピーで言いたいのは「 実学の重要性 についてです。概念的ではなく生きるために役立つ実用的な感覚です。わかりやすく言うと学校の勉強みたいな1+1=2ではなく1+1=田みたいな( 余計分かりにくいかな 


 塾長が常におっしゃるのは、「 学校の勉強じゃないんだよ。積み上げ方式の学習で正解が一つの学習は社会に出てからは何の役にも立たないでしょ。目的を明確にすればその答え( ゴール )が見えてくるでしょ。そしたら、その答え( ゴール )に向かってまっすぐに学習すれば必ず正解するんです。これが答えからの逆算なんです。知識ではなく感覚なんです。「 農業経営育成塾 」の答えは一つではありません。メンバーそれぞれに答えがあるのです。 」


 まさに実学です。最初は分からなかったんですが、2年も学んでいるとさすがに分かってきますよ。私達は学校の勉強みたいな事は全くやってません。図書館なんか行った事のが通い始めてるんです。


     じゃあ!なぜ学び始めているんでしょう・・・・・!


 それは答え( ゴール )がハッキリと見えてきたからです!不思議なもので見えたらやるもんですよ。学習が苦ではなくなるんです。それどころか楽しみなんです!ここが脳科学でいうところの痛みと快楽です。学習が快楽になっちゃってるんです。こうなったら脳はフルスピードで働き出します。吸収力がハンパなくなります。なんだか分かんないけど「 いい御縁 」をめちゃくちゃ引き寄せ始めます。これホントの話なんですよ!


 やっぱ 実学最高! これやってりゃいい経営者に絶対なれるね。でも、そこっそこなんです。その事をみなさんにお伝えしたいんです。私に実際に起きた変化、成長をお伝えしたいんです。だって、私なんかに出来たんですよ。みなさんに出来ないわけないでしょ!


      だからすぐにあなたも経営者なんです。


 それでは「 実学を学ぶ! 」サンファーマーでした。


[PR]
by sunfarmer | 2015-06-15 04:40 | Comments(0)


<< みんなでやろう! カンタンは難しい! >>