逆ピラミッド!

毎度「 逆ピラミッド!  」のサンファーマーです。c0354549_05284341.jpeg

 はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


     ビジネス会員 第六講座 ( ちょっとだけ内容公開 )

         「 時代の流れを的確に読む方法 」

「 6回目めの講座は時代の変化という話を中心にした。実はビジネスの背景としてもっとも重要なのである。終わってみると時代に合っていた。時代の波に乗れたということが成功の大きな要因になっている。時代に乗るには現在がどういう時代でこれからどんな時代になるのかを読まなくてはいけない。その法則を知るのが春夏秋冬理論である。・・・」( このあとためになる話が続くのです! )


 時代の変化を考える上で「 人口問題 」があります。

塾長からの参考文献として 『 デフレの正体 経済は「人口の波」で動く 藻谷浩介(著を読んでみました。

この本ヤバいです。「 経済を動かしているのは、景気の波ではなくて人口の波、つまり生産年齢人口=現役世代の数の増減。 」この本の要旨ですが、今の日本の現実である「 生産年齢人口の減少と高齢者の激増 」を事実認識しその対処策を考えようという本です。

 つまり、時代は少子高齢化です。ということは生産年齢人口( 15歳〜64歳 )減少の一途をたどっています。働く人が少なくなれば経済は悪化します。

 今、日本で最も人口が多い層は、60歳〜65歳でいわゆる団塊の世代です。この世代の消費量は望めません。なぜなら子供も大きくなり住宅もあり大きな消費をする必要がありません。

 最も消費をするのは40歳〜50歳です。子供の教育費、住宅など大きな消費をする世代です。

 この層が多ければ経済は活発化します。しかし逆ピラミッドの日本にはその活発化は望めません。

 そうなると今の農業界もニーズを高齢者に向ける必要があります。そうなると「 健康 」です。健康志向はますます高まります。そのニーズにとって「 アミノ酸と微生物の力を使って栽培した無化学肥料、無農薬の作物 」なんてのはシビレるフレーズじゃないですか。

 つまり「 玄米アミノ酸微生物農法 」は、これからの時代にマッチした農法なんです。

 量より質ですよ。  これが日本の生きる道!

 そして、デフレの正体のおわりにこう書いてありました「 真のエリートやリーダーというものは、赤絨毯をしいた廊下を手を引いて歩かせながら育てるものではない。草莽の中から、旧来の基準で言えば学歴もない、職歴もない、だが人を引っ張る力と魅力と清潔さのあるリーダーが必ず出てくると思いますよ。 」

学歴、職歴より人間力ですよ。  これがの生きる道!

 それでは「 逆ピラミッド! 」のサンファーマーでした。



[PR]
by sunfarmer | 2015-07-30 05:34 | Comments(0)


<< 海外進出! 時代の変化!  >>