フェラーリみたいに!

 毎度「 フェラーリみたいに! 」サンファーマーです。c0354549_21523308.jpeg
  
  はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。


     ビジネス会員 第七講座 ( ちょっとだけ内容公開 )

        「 マーケティングの基本 」

「 ビジネスをやったことない方にとってマーケティングは聞き慣れない言葉である。一念発起してビジネスを始めました。そこで問題にぶつかる。どうやってお客様を集めればいいのか…。問題にぶつかって始めて学習をするという方は少なくないのである。お客様がいなければビジネスは成立しないことは当然なことなのにである。・・・」( このあとためになる話が続くのです! ) 


  『 口コミ伝染病 』の中に口コミの脱・常識として五つの内容があります。

「 その3 悪い口コミほど、早く伝わる。 」常識的にはそう思いますよね。でも、そうとは限らないということです。神田さんが以前イタリア製の洗濯機を輸入販売の計画をされたことのケースが書いてありました。その洗濯機は故障率40%の問題機種だったそうです。本来ならユーザーからの不満が爆発してもおかしくない状況なのに、なんとユーザーは大満足!この「 イタリア製の洗濯機は最高だ 」と口コミしているとのこと。 ???ですよね!

 では、なぜ悪評が広がらなかったか!理由は二つです。ひとつは、「 高い洗濯機を買ったこと自体に満足している 」ということ。自分の行った購買決定が間違っていたことを認めたくないので、多少の品質には目をつぶるのです。トラブルがあっても「 さすがイタリア製だね 」と納得してしまうのです。新車のフェラーリにサビがついていても「 さすがフェラーリだ 」と感心してしまう心理と同じです。

 もうひとつの理由としては、多くの人は「 洗濯機を話題にしない 」ということです。よほどの洗濯機マニアではない限り、大多数のお客様は洗濯機にあまり関心がないんです。

 そして、神田さんは気づかれたそうです。「 自分は洗濯機について24時間365日考えているが、お客様はほとんど考えていない。 」この気づきがあって、肩の力が抜けたそうです。ほとんどのお客様は、あなたのことは、どうでもいいのです。これって真理ですよね〜!お客様が一番関心を持っているのは、自分のこと。あなたのことは、どうでもいいのです。

 そうですよね!ホントそうですよね!そこ大事ですよね。特に私達が取り組んでいる「 玄米アミノ酸微生物農法 」は、今までになかった画期的な農法です。そうすると、24時間365日考えちゃいます。そして、肩に力が入った状態でお客様アプローチしがちになっちゃいます。お客様にとっちゃ迷惑ですよね。だってお客様が一番関心を持っているのは自分のことですから。

 だったら、イタリアの洗濯機のケースみたいにお客様の感情を満足させるアプローチが必要ですね。「 高いけど自然派野菜を食べてる私はステキっていう満足 」そして「 さすが玄米アミノ酸微生物農法だね 」と納得していただけるようなブランド力を早く作りたいね。

  フェラーリみたいにね!
 
 それでは「 フェラーリみたいに! 」サンファーマーでした。

[PR]
by sunfarmer | 2015-08-06 05:31 | Comments(0)


<< 本物広める! 劇的な体験! >>