育てて行く!

 毎度「 育てて行く 」のサンファーマーです。c0354549_16021899.jpeg

はじめての方に向けてプレゼンテーション第2弾の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』は、1段階:ビジネス立志会員2段階:ビジネス会員 3段階:パートナー会員 4段階:オーナー会員 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みです。現在、私は2段階のビジネス会員です。塾長からの直接個人指導で、電話でのやりとりが中心です。ビジネス会員の講座は全12回に渡ります。これから「 仲間づくり 」を進めていくうえで私たちが何を学び何を志しているのかを理解していただきたくプレゼンテーション第2弾として公開します。より現実化してきたプレゼンテーションとして読んでいただければ幸いです。
       
            ビジネス会員 第九講座 ( ちょっとだけ内容公開 )



         「 玄米アミノ酸微生物農法で農業生産を事業化すれば5年以内に10億円企業ができる! 」

「 農業生産が事業にならない理由がある。(1)トラブルが多くてむずかしい。(2)手間がかかりすぎて肉体的な限界がある。(3)収量が取れないか、また品質が揃わない。以上が主な理由である。日本の農業界はこの問題がいまだに何も解決されていない。成長産業になれない大きな原因でもある。玄米アミノ酸微生物農法はこの問題を解決できる技術を持っている。・・・」( このあとためになる話が続くのです! )

 国はコメを必要としているのでしょうか?していません!国は、コメはいらないんです!30町歩もの面積を使い3000万円しか売り上げることしか出来ないコメ作りは国からしたら土地の有効利用とは考えてはいないでしょう。農地を国土と考えたときに、稼げない土地より稼げる土地の方が国土の有効利用といえるのではないでしょうか。そして国は、3年後には、減反政策をやめるでしょう。そして、自由競争になり価格は暴落し土地を手放さなければならなくなるのかもしれません。お米農家さんには、厳しい時代になってくるでしょう。

 でも、だからこそ「 今 」なんです。

 今が「 チャンス 」なんです。「 千載一遇 」のチャンスです。このタイミングに「 玄米アミノ酸微生物農法 」に関われたことは、超ラッキーとしかいいようがありません。でも、このタイミングだからこそ「 玄米アミノ酸微生物農法 」が生まれたのかもしれません。

 何はともあれ時代は「 玄米アミノ酸微生物農法 」を産み落としました。あとは、誰が育てて行くかです。私達といっしよに育ててくれる「 仲間 」が必要です。

         「 仲間 」になりませんか?

それでは「 育てて行く 」のサンファーマーでした。


 「 玄米アミノ酸微生物農法 」で栽培した作物を欲しいというお客様( 取引先、個人 )急増中です!ってな訳で「 玄米アミノ酸微生物農法 」作物を栽培していただける生産者さん急募中です!「 儲かる農業! 」を体験したいというあなたのからのコメントお待ちしております!

[PR]
by sunfarmer | 2015-08-31 05:34 | Comments(0)


<< やっぱり仲間! 最後のフロンティア! >>