なんでも石油にたよっている農業資材から脱出する方法を学んじゃえ!

毎度「 なんでも石油にたよっている農業資材から脱出する方法を学んじゃえ! 」のサンファーマーです。c0354549_18132725.jpeg 
 
 はじめての方に向けて「 ニュースレターで学んじゃえ! 」の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』の塾長である神保信一氏が毎月発行されている「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレターの記事から、インスパイアされた内容を綴っていきます。新時代の農業を志すみなさんに読んでいただければ幸いです。


 「 ニュースレターで学んじゃえ! 」

なんでも石油にたよっている 農業資材から脱出する方法


 みんな値上りで「楽して儲かる農業」も足元がグラつき始めちゃったかな。(笑)笑うしかないぐらい、この値上りはハチャメチャだよね。「まさか玄米アミノ酸まで値上りではないだろうね。」ご心配なく、いまのところ値上げなんて考えてもいない。

 石油に関係した資材ってどれくらいあるだろうか。灯油、化学肥料、有機肥料、農薬、フィルム、ビニール、育苗ポット、育苗箱、紙、機械の燃料・・・。

 みんなじゃないか。平静の時は何も感じていないけれど、実は農業資材の奥深くまで石油に依存している。

石油から抜け出す事は簡単ではない。いずれ石油は枯渇して消滅するわけだから、早いか遅いかだけである。と言っても昔の農業に戻るわけではない。そのうちに石油に変わるエネルギーが出てきて技術も革新される。そうならなければ人類の歴史は大きく後退する。私達はそんな心配をする必要はない。

 この大ピンチをチャンスと考えてみたらどうだろうか。石油に頼りすぎていたからピンチになっただけで石油だけが農業を成功させる条件ではないとおもうのである。

 このように見ていくと、実は大きなムダが見えてくる。まず化学肥料。生産者も肥料を売る人も使え!使え!の大合唱だった。使いたくても使えなくなる。値段が高すぎて。そうすると効率よく使うにはと考えるようになる。

 冬の暖房費も同じである。「灯油代なんて売上代が出ればなんとかなるよ」と思っていたら暖房費の元が取れなくなってきた。どうすれば効率よく温度が上げられるかを考えるようになる。

 マルチだって自然のもみや稲わらがある。「それは大変だよ。いまさら、そんな事できねえ〜。」いやそれ以前がもっと大変なのである。昔に戻れと言っているのではない。頭を使って工夫できる事を工夫したらどうかと言っているのである。それも行き当たりバッタリの思い付きではダメなのである。

 「自分に何ができるのか」紙に書き出してみてはどうだろうか。頭をしぼり出してみると知恵は湧くものである。紙に書き出してみたら仲間に話をしてみる。こういう時だから相談にものってくれるはずである。二人三人と集まって知恵を出す。毎日のニュースレターを参考にしてもいい。「自分の頭を使うという資材」は値上りするわけでもなく使い減りするわけでもない。しかも効果は望みのままである。大ピンチの時こそ頭を使うチャンスなのである。人類の歴史はいつでも頭を使って危機を乗り越えてきた。世紀の大発見があるかもしれないのである。使わにゃ損々である。

静岡農業技術支援協同組合 発行 「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレター 2007年11月号より

 
自分の頭使ってますよ! 効果は望みのままです!ホント使わにゃ損々です!でもね私の頭の中は私の頭の中でしかありません。記事にも「 二人三人と集まって知恵を出す。 」とありますがこれが大事なんです。
 
 私には、同じ「 農業経営者育成塾 」のパートナー会員の相棒がいます。農業の大ベテランの大師匠がいます。最近、起業した営業のプロがいます。夏に向けてあるプロジェクトを展開とされてる中で「 ご縁 」があったフードコーディネーターさんと料理研究家さんがいます。

そして神保塾長がいます。

これだけの頭の中が集まればすっごいことになるんです!

そして、これからたくさんの仲間が集まります。集まれば集まっただけの「 知恵 」が生まれます!そうやって「 玄米アミノ酸微生物農法 」はブランド化して行くのです。

そのひとつがあなたの「 知恵 」かも?

使わにゃ損々ですよ!


それでは「 なんでも石油にたよっている農業資材から脱出する方法を学んじゃえ! 」のサンファーマーでした。 

  「 玄米アミノ酸微生物農法 」で栽培した作物を欲しいというお客様( 取引先、個人 )急増中です!ってな訳で「 玄米アミノ酸微生物農法 」作物を栽培していただける生産者さん急募中です!「 儲かる農業! 」を体験したいというあなたのからのコメントお待ちしております!

[PR]
by sunfarmer | 2015-12-20 05:12 | Comments(0)


<< 失敗や苦労の最後に成功があると... 石油の値上がりにはカラクリがあ... >>