消費者は身勝手でわがまま!でも大切なお客様です!を学んじゃえ!

毎度「 消費者は身勝手でわがまま!でも大切なお客様です!を学んじゃえ! 」のサンファーマーです。c0354549_19023268.jpeg

 はじめての方に向けて「 ニュースレターで学んじゃえ! 」の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』の塾長である神保信一氏が毎月発行されている「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレターの記事から、インスパイアされた内容を綴っていきます。新時代の農業を志すみなさんに読んでいただければ幸いです。

 

 「 ニュースレターで学んじゃえ! 」


消費者は身勝手でわがまま!でも大切なお客様です

 消費者の食の安全に対する感心が高まっている。「そんな事がどうしてわかるの・・・?」「なんとなく新聞に出ているだけじゃないの」いや違うのである。外食産業が一番のテーマにあげているのが食の安全なのである。外食産業がどれくらいの規模になっているか知っていますか。食品全体75兆円のうち28兆円が外食なのである。実に38%である。流通も変化するわけである。消費者と言っても一般消費者もいるが、一般消費者は一人一人だからマスコミでもあおらない限り大きな声になることはない。

 第二の消費者が大きな力を持ち始めた。外食産業である。食全体の38%も占めている大口の消費者である。この消費者は一般消費者と違い、大きな声が出せる、食の安全がなぜ大きな問題になっているのか。それは外食産業が大きな声を出しているからである。

 ここ数年、外食産業は低迷している。売上げが減少傾向にある。しかし長期的にはもっと伸びていくと思われる。アメリカは外食が50%を超えている。伸びていくためには何が一番必要なのか、外食に対する信頼である。何を信頼と考えているかと言うと、安心・安全である。これをアピールすることでお客様の信用を取りたいのである。

 外食産業は生産物を作らない。買うのである。安心・安全の要求は消費者をふやすための道具である。そういう物を作れということである。もう一度いうけれど一番の大口消費者である。言うことを聞かないわけにはいかない。市場はどうなっているの・・・。市場にとっても農家にとっても一番の大口客層になってしまったのである。自分の売上げのためにとはなんと身勝手なわがままなことか。

 昔のような農薬と化成肥料で物を作る時代は全く終ってしまったのである。家庭では食事を作らなくなった。高齢化は進む。平和な時代だから健康が一番の心配事なのである。こんなにも変化の激しい時代だから土を相手に黙々と仕事に励むだけでは解決しない問題がたくさん出てくる。

 時代は逆戻りしないのだからお客様に言われる前に積極的に仕事の改善をして、それを言葉に出して相手に訴えていくことが必要になってくる。訴えていく事は得意ではないかもしれないし、難しいかもしれない。それなら、その前にやることがある。農薬と化成肥料をとにかく減らす工夫をすることである。これは食の安全に直結してわかりやすい。この努力を続けていけば、必ずいい商談が来るようになる。それは楽しみにも励みにもなるはずである。



静岡農業技術支援協同組合 発行 「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレター 2006年11月号より



 最近は、外食産業の方々ともお話をします。すると「 玄米アミノ酸微生物農法 」の評価がハンパないです。「 微生物性を重視した無化学肥料・無農薬栽培 」なんて安全・安心の極みじゃないですか。まず言われるのが「 ホントに完全無農薬なんですかっ? 」です。その時はニヤリと笑って「 ハイ!完全無農薬です。しかも微生物を使ってますのでめっちゃ美味しいですよ! 」で決まりです!

 確かに、消費者は身勝手でわがままかもしれません。しかしそれがニーズとも言えます。そのニーズに応えるのが農業ビジネス成功への道とも言えます。つまり「 玄米アミノ酸微生物農法 」は現在のニーズにマッチした農法ともいえるでしょう。

 安全・安心しかも美味しい!このポイントをアピールできれば間違いなく「 成功 」出来ます。従来の「 有機農法 」に足りなかった、「 美味しい 」を手に出来る「 玄米アミノ酸微生物農法 」これからきますよ!

っていうか!もうきてま〜す!

 一般消費者さらに第二の消費者との商談を進める中で導き出された答えです。お客様は求めています。

 「 玄米アミノ酸微生物農法 」を求めています!

はじめたもん勝ちですよ!ニヤリ!



 ってことでいつも通りにブログ更新しましたが、本日は元旦ですので新年のご挨拶をば!先ほど「 楽して儲かる農業み〜つけた 」ニュースレター2016年1月号が届いていました。神保塾長が掲げられた今年のテーマが書いてありました。それが…


「 玄米アミノ酸微生物農法 」「 高収入 」の実現!


きました!私達にとっても勝負の年です!そしてご挨拶の最後にこう綴られています。

「 農業が持つ社会的な役割は小さいものではありません。とても大切な仕事です。それが多くの方に理解されるように今年もお手伝いしていきたいと考えています。あなた様の今年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。輝かしい一年になりますことを祈願しております。お体を大切にしてください。  静岡農業技術支援協同組合 代表理事 神保信一 」


2016年は「 玄米アミノ酸微生物農法 」燦然と輝く年に

   なりますよ!



本年もガンガン更新していきますのでご愛読のほどよろしくお願いします!

 それでは「 消費者は身勝手でわがまま!でも大切なお客様です!を学んじゃえ! 」のサンファーマーでした。 

  「 玄米アミノ酸微生物農法 」で栽培した作物を欲しいというお客様( 取引先、個人 )急増中です!ってな訳で「 玄米アミノ酸微生物農法 」作物を栽培していただける生産者さん急募中です!「 儲かる農業! 」を体験したいというあなたのからのコメントお待ちしております!

[PR]
by sunfarmer | 2016-01-01 09:52 | Comments(0)


<< 機械貧乏なんて、もういらない!... 福を招く成功学習って何…?を学... >>