勝負所を間違うな!を学んじゃえ!

毎度「 勝負所を間違うな!を学んじゃえ! 」のサンファーマーです。 c0354549_21102423.jpeg


 はじめての方に向けて「 ニュースレターで学んじゃえ! 」の説明をしたいと思います。私が学んでいる『 農業経営者育成塾 』の塾長である神保信一氏が毎月発行されている「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレターの記事から、インスパイアされた内容を綴っていきます。新時代の農業を志すみなさんに読んでいただければ幸いです。


  「 ニュースレターで学んじゃえ! 」

  

  勝負所を間違うな!


 ある方から質問をいただいた。「無農薬・有機で米を作っています。うまくいきません。」どうやって、やっているのですかと質問してみた。「生の米のヌカを稲田に入れます。肥料は鶏糞を使っています。」それで何に困っているのですか。「イネ虫、ゾウ虫が大発生するんです。お米が取れません。」 

 む〜んと唸ってしまった。無農薬と有機で米を作るのは簡単ではない。かなりのノウハウが必要だ。失敗したら大きな経済的損失もする。それが計画の中に入っているのかどうかと心配になった。
 生の米ヌカは田植の後に水を張ってから散布するのだそうだ。「現代農業」で推奨している農法らしい。雑草の抑制が目的である。ここですでに目的が違っている。目的は無農薬でおいしい米を作る事である。雑草の抑制が第一の目的ではないはずである。その結果、イネ虫ゾウ虫の大発生。生の米ヌカは水分を含むとどうなるか。醗酵する。醗酵する為には酸素を使う。水分に含まれた酸素がなくなる。酸欠になる。微生物が死ぬ。酸素がなくても生きられるイネ虫ゾウ虫だけが生き残る。これは常識で考えて理解できる事である。

 第二に鶏糞である。使用する鶏糞にはまだかなりの臭気があると言われた。臭気が残っているという事は未醗酵の鶏糞を稲田に入れたらどうなるか。醗酵する。酸素がない。腐敗する。腐る。腐るとどうなるか。雑草がどんどん出てくる。米ヌカを使った意味がまったくなくなる。これも常識で考えて見れば理解できる。
 みなさんだったらどうされますか。しかもこの為に大きな労力と瞬間と金をかけている。これは戻ってこない。さらに不作で収量がないという追打ちがかけられる。たまったものではない。
 どうすればいいのか。まず自分の中でシュミレーションする。このようにしたらどうなるのか想像をするのである。それを必ず紙に書く。自分でわからない事があったら情報を入れる。情報も正しい場合と間違った場合があるから最後まで確認する。確認というのは使った方がいいかどうか。どういう結果になっているのかである。情報だけでは動かないという事が大切なのである。

 事前にこれだけやればこの事はやった方がいいのか悪いのか判断がつくはずである。しかも判断した背景があるから、なぜやったのかやらなかったのかが明確になってくる。
 当然の事を言っているようだが、当然の事ができていないから大きな損失につながるのである。利は元にあり。この意味は深い。単に原価を抑えるという意味だけではない。実行する前に結果が見えているかどうかという意味もある。さらにその先はどうなるのかという事も含まれている。

 楽して儲けるには方法がある。大きな力を使う前にその力を使ったらどうなるのか。ここに集中するのである。ここが勝負所だからである。


 
 静岡農業技術支援協同組合 発行 「 楽して儲かる農業み〜つけた 」 ニュースレター 2005年2月号より




 私達まさに勝負所です。


「 玄米アミノ酸微生物農法 」を事業でやるのか稼業でやるかの「 選択 」を迫られています。

  稼業の場合は、「 玄米アミノ酸微生物農法 」を栽培法として取り入れ生産者として営んでいくという事です。しかし、事業になると別です。「 玄米アミノ酸微生物農法 」を広め事業展開していかなければいけません。

 
 さぁ〜!どちらを選択しましょうか!!

 私達は、もちろん事業選択します!


  稼業だったら今すぐにも出来ます。でも、私達は3年もの歳月をかけて「 農業経営者育成塾 」で学んできました。そのなかで「 玄米アミノ酸微生物農法 」の事業としての可能性を確信しています。

 そして一番の選択の理由は…


 楽しそうじゃないですか!



  もちろん、楽しいばかりではなく大変なことが山ほどあると思います。でも、だからこそやりがいがあると思っています。

  記事にも「 楽して儲けるには方法がある。 」とありますが、これからはその方法を深堀りして行こうと思っています。

  この「 仕組み 」に賛同し追求していけばその先には「 大成功 」が待っています。楽しい事しかしない人生が待っているのです。

 
 う〜ん!いい人生!

 
 それでは「 勝負所を間違うな!を学んじゃえ! 」のサンファーマーでした。 

  「 玄米アミノ酸微生物農法 」で栽培した作物を欲しいというお客様( 取引先、個人 )急増中です!ってな訳で「 玄米アミノ酸微生物農法 」作物を栽培していただける生産者さん急募中です!「 儲かる農業! 」を体験したいというあなたのからのコメントお待ちしております!

[PR]
by sunfarmer | 2016-01-22 05:55 | Comments(0)


<< 慣行農業のワナ!を学んじゃえ! 固定観念を捨てましょう!を学ん... >>